AZUMA 東金属産業株式会社

Azuma Kinzoku Sangyo Co, Ltd. Since 1942

取り扱い素材

マルエージング鋼

SUS316L

  • ※現在、アルミニウム合金、MMC材の積層造形も検討しております。

取り扱い品目

3Dプリンティング工法を前提とした設計思想が一般的に定着していないこともあり、部品高機能化の試作を御用命頂くこ
とがメインとなっております。

  • 空気静圧部品試作
  • エアチャッキング部品試作
  • 半導体・液晶パネル製造装置内の部品試作
  • ノズル部品試作
  • ヒートアンドクール機構部品試作
  • 自動車部品(足回り部品・クラッチ周辺部品等)試作
  • ※上記のうち、わずかではありますが、実用化された部品もあります

試作については、主に部品内に管路をもうけるもの、軽量化が求められるものが多くなっております。
3Dプリンティング工法と既存技術を組み合わせることにより、部品の高機能化を実現する提案を得意としております。
3Dプリンティング工法は

  • どのようなことができるのか?
  • どのように取り入れるべきなのか?
  • どのようなメリットを見出せるのか?

などの疑問がありましたら、是非、お気軽にお声お掛けください。

現在まで培った幅広い分野の部品設計思想とトポロジー最適化構造設計思想を融合させ、部品の最適軽量化・部品
の高機能化を提案いたします。
鋳造工程にて培った材料評価ノウハウ、機械加工工程にて培った加工ノウハウを活かした部品製作を得意としております。