AZUMA 東金属産業株式会社

Azuma Kinzoku Sangyo Co, Ltd. Since 1942

位相最適化構造設計とは

構造の最適化において、現在までさまざまな手法が研究され、応用されております。
なかでも 近年 注目を集めている“トポロジー最適化(位相最適化)”構造設計は、剛性の最大化、最適な軽量化において、他の手法にくらべ非常に高い最適化の効果を得ることができます。
航空宇宙分野、自動車分野など軽量化ミッションが厳しくもとめられる世界では、対象物の材質変更による軽量化、構造の最適化による軽量化等 さまざまな試みが行われてきました。
軽量化する対象物によっては、材質変更では、仕様を満たさず 機能低下につながるようなものもあります。そのようなケースでは、対象物に使用環境下でかかる “力” に耐えうる最適な軽量化設計が求められます。
弊社では、トポロジー最適化(位相最適化)構造設計の概念を取り入れ対象物の最適軽量化を提案いたします。
また、トポロジー最適化構造設計により設計された対象物は、鋳造、切削加工では成形が難しいケースが多々あります。そのような形状を弊社でも取り組んでいる 金属積層造形(3Dプリンティング)工法により具現化することも可能となります。
トポロジー最適化構造設計と3Dプリンティング工法は、非常に愛称のよい組み合わせです。

幅広い分野の機械・装置部品製作により培ったノウハウを活かし、最適な軽量化を提案いたします。
是非、お気軽にお声お掛けください。